4人子持ちのかあちゃん日記
4人の子持ち(しかも全員男の子)のかあちゃんの日記。 どんな生活をしているのか、などいろいろ書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


母、大腸ガン手術
みなさま、こんにちは。

19日、母は大腸がんの切除手術を受けました。
それまで特に何の連絡もなく…

と、思ってたら…
前日の夜、伯母から電話。
「明日、手術だから。気をつけておいでね。あと、病室移動したから。」
と、言われ、
「そうなんだ。何の連絡もなかったけど、同意書とか大丈夫だったのかなぁ」
と、言ったら…
「あ、それね、土曜日に家族呼ばれて医者から説明受けて、同意書もみんなでサインしたから大丈夫」

…え?
私、何も聞いてないよ?
具体的な病気も手術法も、同意書の事も何も聞いてない。
誰も教えてくれなかった。

…私、家族じゃなかったんだ…

私だけ知らなくて、弟と伯母、いとこが医師から説明を受け、同意書にサインしたと言う。
頭に来た。ものすごく。
せめて、弟から何かしら連絡が欲しかった。
弟は何も言わない。
もとから、私を姉だと思っていないヤツだった。

頭に来すぎて、夜一睡もできなかった。
眠れないまま、当日朝早くに病院に向かった。
医師とあって、直接ちゃんと説明を聞きたかったから。

朝早く病院に着き、ちょうど手術前回診に来た担当医師に会った。
すぐさま、
「私だけ何も説明を受けておりません。納得がいかないので、病状、手術方法等教えて頂けませんか」
これで医師が断ったら訴えてやるつもりだった。
医師は私が長女である事、当日呼ばれなかった事を知らなかった。
母は、あわてて
「この子、遠いから呼ばなかったんです」
と医師に説明したが、優先順位からしておかしいと思ったのか、医師はすぐに丁寧に説明してくれた。

大かた予想通りの病気の進行度。
横行結腸がん。ステージ3a。開腹切除手術。

少しして伯母が来て、その後弟も来た。
弟には前日の夜に
「なんで私だけ何も知らないんだ!なんでちゃんと連絡しないんだ!連絡しなかった理由をちゃんと説明しろ!」
散々、メールした。
全然、返事は来なかった。
当然、睨みつけた。

母の手術は午後からになった。
2時少し前に手術室に入った。

しばらくして弟に
「なんか言う事ないんか?」
と言っても
「今話す事じゃない」
と、一言。
今話さなかったら、いつ話すんだよ!
怒り心頭。
病院の外に出た瞬間に…
弟の背中に一発、鉄拳をくらわした。
それでも弟は何も言わない。

…弟は母の事が心配すぎて(すっごいマザコン野郎です)、何も頭が回らなかったんだ…
なんか、そう悟って…
私も後は何も言わなかった。

伯母にもたくさん、文句を言った。
母の手術時間は4時間。
待ってる間、ほとんど伯母に文句を言った。

いっぱい文句を言って、弟に鉄拳食らわせたんで取りあえず、私の怒りは収まった。
気持ちがおさまったので…
これで前向きに母のガンに向き合える。

4時間後、手術が終わり…
切除した内容物を確認した。

…医師は詳しく説明しなかったが…
(病理検査の結果が出るまで断言できないので)

ネットで前もって調べた、ガンの画像と内容物をを頭の中で比較する。
…多分…
しょう膜下層にまで進達してる。
再発率、30~40%。
退院後、半年間の抗がん剤治療になるだろう。
抗がん剤が効かなければ、3年以内に再発する。

そう、予測した。

手術が終わって母と対面した。
思ったより、元気そうだった。
でもシバリング状態(麻酔の切れかかりに起こる極度な悪寒と震え)になっていた。
集中治療室だったので少しだけ対面して、
「明後日、くるよ。」
とだけ言って病院を出た。

弟は…
無事、手術が終わった事に安心したのか、大泣きしていた。
マザコン根性出すのはいいけど、もっとしっかりしろよ!
これからの方が大変なんだよ。
全く分かってない。いや、やっぱり頭のまわらない、昔からのバカだ…

やれやれ。

当分、この話のブログ、続きます~

では、また!





スポンサーサイト


日曜日、病院に行きました
みなさま、こんにちは。

母がガンになった事を知らされ、とりあえず現状を見ようと日曜日、病院に行ってきました。
我が家から母の入院している病院まで…
約80km。
渋滞する街中を通るので、どう急いでも2時間ちょい…

9時半に出て、途中休憩を入れて12時に病院着。
病院は総合病院で地域で一番デカイ病院。
迷子になるかな、と思いましたが…
なぜかすんなりと病室まで行けました。

病室は6人部屋。
同室患者さんはみんなガン患者で手術を受けた方々ばかりらしい…
先月、祖母の5周忌に会ったばかりなのに…
検査と手術が終わるまで、腸内に物をため込めない
(食事を摂ったら下剤で流す)
生活をしてる為、顔が一回り小さくなっていました…
でも…
腹部は腫れてるのか、ぼこん、としてる。
「肝臓と肺の検査は終わって、今のところ異常なしだって。肝臓は前に脂肪肝、って言われたんだけどここに来て下剤飲む生活してたら脂肪肝、治ったわよ~
血液検査したら、貧血ひどい、って言われちゃったよ。水分取りすぎかなぁ。
後ね、内視鏡検査と麻酔に耐えられるかのテスト、手術に耐えられるかの心臓検査がある~」
だそうで…

「んで、検査終わって内科の先生と外科の先生が打ち合わせして手術するんだと。その辺の話、出来ればお子さんにって言われてるんだけど…
来れる?」
って…

そんな話になってるなら、なんで余計に黙ってようとするの!
ホントにもう、世話がかかるというか、精神的に手がかかるというか…

昔からそうだった。
小学生の頃…ある日突然、朝起きたら
「ちょっと京都に遊びに行ってくる」
の一言メモだけ残し、3日留守にするなんてザラ。
学校で説明会あって、来たのはいいけどすぐ行方不明。
学校でアルバイトの許可もらうのに、当時は親と面談があって母、学校に来たのは良いけど…
夜、仕事行く煌びやかな格好で登場。教師全員、あんぐり…
「すっごいお母さんだねぇ~」
と、教師あきれ顔…


…とにかく、突拍子な母。
でも…
こんな大事な事まで突拍子にしなくたっていいじゃない。

あまり長居すると体に負担かかると思ったので、早々に切り上げて帰りました。

いつ、病院から呼ばれるかわからない。
去年からやり始めたよろず屋の仕事も調節しなければならない。

入院生活で少々やつれた、母の顔がよぎる。

最近、うまく眠れない。
食欲、ない。
一人で家にいるのがなんとなく…怖い。
TVつけても頭に入ってこないから日中、TVつけない。
じっとしてると嫌な考えしかしないから、わざとバタバタ動いてる。

…一週間で2キロ、痩せた…

私が倒れないようにしなくちゃ。
沈んだ顔してるとうちの家族に迷惑がかかる。
平然としてなきゃ…

でも辛い。






母、大腸がん
みなさま こんにちは。

昨晩…
見慣れない電話番号で電話が来ました。
恐る恐るでると…
電話の相手はいとこからでした。

「yoshikeiちゃん、いきなり電話でビックリしたでしょ。」
はい、確かにビックリしました~
歳の離れたいとこ。私より母と仲がよく、母と一緒に遊びに行く人。
どちらかというと、私とはほぼ疎遠~

「今、平気?あのね…」
と切り出す、いとこ。

「Yちゃん(母の事)、今日入院したんよ。”ON病院”に。」
”ON病院”とは、私の田舎では結構デカイ総合病院。
しかも、今日は仕事で田舎方面に行き、偶然にもその病院のお向かいで仕事してきたんです。
仕事の帰り…
なぜか、引っ張られるように…
その病院の周りを車で走ってから帰ってきたのに…

「Yちゃんね…あ、yoshikeiちゃんには言うな、って言われたんだけど…
大腸ガンの内視鏡検査受けたのは聞いてるよね。」
一言一言、確認するかのようにゆっくり話する…いとこ。
でもどこか、テンパってる感じがする。
先月、祖母の5周忌の時にそんな事言ってたのは記憶にある。
でも、大して気にもとめていなかった…
大袈裟に言う母だったから、一応検査受けただけなんだろうと思ってたんです。

「Yちゃん…大腸にガンが見つかったんよ。まだステージがどのくらいか分からないからまだ検査しなきゃならないらしいんだけど、とりあえず2週間くらい入院みたい。
今日、病院まで送っていって、私、医者から説明受けて今帰って来たんだわ」

ちょっと…
母、私にはその辺、何にも言ってなかったじゃん!
しかも…仕事終わって田舎が近いから母に電話もしたのに…
電話に出なかった。
せめて昨日、電話でもくれれば仕事終わってまっすぐ病院の中まで行ったのに!

「yoshikeiちゃん、Yちゃんねぇ…
”最近仕事で忙しいみたいだし、先月来た時更年期で大変やと言ってたし、なにしろ遠くに住んでるから余計な心配かけたくない。だから言わないで”
って言ってたんだけど…
軽い病気じゃないし、無理やり電話番号聞き出して電話したの」

…いざという時、私は頼りにならないのか。
こういう時、私には相談すら出来ない子供なのか。
今住んでる所と実家は車で2時間の距離。
「遠方」なのか。
それとも…
「二人で旅行に行きたい」
「たまには一人で実家来て。、ゆっくり話したい」
そんな些細な事も叶えてあげれなかったから…
確かに結婚してから一人で帰ったの、3回くらいしかなかったけど…

今の場所に住み続けてるの、私に後悔させたいの?

昨日仕事終わって電話した時、でなかった事をもっと気にすればよかった。
病院のまわりを走ってた時、もっと何か感づいてれば良かった。

そして今…
母からSNSメールで
「心配しないで。大丈夫だから」
と来ました…
いとこが朝、母の所に寄って私に話した事を言ったらしい。

取りあえず…
日曜日、母の病院に行きます。

では  また!



家出少女、再び我が家に~続き
みなさま こんにちは!

前回の続きです。

GWに入ってすぐに我が家に家出してきた少女(以下Rちゃんと称します)。
一晩泊まって…
次の日は朝ご飯を食べたあと…
「今日はSちゃんちで遊んでそのまま泊まるの。明日の夕方帰ってくるから心配しないでね。行ってきます~」
ウチの坊主どもと同じように報告して遊びに行っちゃった
まぁ、前もってちゃんと言ってったし、そのお友達の家も近所で場所も知ってるんで、何かあっても大丈夫だな、と思い、
「気をつけて、お友達の家にご迷惑にならんようにね」
…なんか、普通の親子の会話になってる
家出してきたとはいえ…
私も女の子がいる生活を楽しんでたりして
Rちゃんの洗濯物も頼まれてたんだけど…
女の子の服、可愛いな~
なんて楽しみながらやってる私。

んで、また次の日の夕方…
「これから帰る~今日の夕飯なに?」
と、ちゃんと帰る前に連絡してくる、律儀なRちゃん。
「チキンステーキとミニグラタンだよぉ~気をつけて帰っておいで」
とLINEしたら
「おいしそ~お腹ペコペコにして帰るね」
もう、どこにでもある親子の会話
帰ってきて…美味しそうに夕飯を食べるRちゃん。
彼女の親御さんが言ってた、
「黙って出掛ける、暴言しか吐かない、何もやらなくて困ってる」
は、我が家にいるせいか微塵にも見えない。
夕飯の時も食卓に並べる時は真っ先に手伝うし、ちゃんと手を合わせて
「いただきます」
「ごちそうさま~めっちゃおいしかったぁ」
と優等生
食べたものはきちんとシンクまで運ぶし、あとは子供部屋で大人しく遊んでる。
至って普通の女の子。
…しばらくして
「ママ!ちょっと来て!」

ん?何なに?
子供部屋に上がって行ったら…

「今日、友達と服買いに行ったの」
って…
値札ついたまんまの服…
四男に着せられてた!
二人して大爆笑~
四男、なぜに大人しく女の子の服着せられたん?

なんて、楽しんでたんですが…
朝からバタバタしてて疲れてた私。
リビングで寝ちゃってる間に…
親御さんが迎えに来て、朝起きたら居なくなってました
ちゃんと律儀に…
「楽しかったです。ご飯とても美味しかった~お世話になりました。ありがとうございました」
と、LINE入ってました…

ちゃんと挨拶、したかったな
私の方が楽しんだ、Rちゃんとの生活。

急に寂しくなりました…

Rちゃん、リフレッシュ出来たかな。
親子さんと仲良く出来るだけのパワー養えたかな。

Rちゃんの心身共の健康を祈ります。

では また!!
つづきを表示


家出少女、再び我が家に
みなさま こんにちは!

5月になり、GW突入しましたねえ

さて…
去年も書いたんですが…

近所に住んでる、四男と同い年の女の子。
赤ちゃんの時から彼女を知ってて、小さい時は三男、四男と毎日遊んでた幼馴染みでもあります。

その彼女…
只今反抗期真っ最中らしく…
自宅が嫌、親が嫌。家にいたくない。
…の、反抗期特有のイヤイヤオンパレードのようでして…
LINEのタイムラインにもそれらしき事が書いてあり、GW中家にいたくない、誰か泊めて、と

ありゃ~
どないすんねやろ?
と、思ってたら…
三男のLINEを通して、我が家に来る~と

ヘタに変な所に行かれても困るし、困った時、辛い時に我が家を頼って来た事に…
なぜか、内心ホッとした私。
彼女が来て、ちょい経った頃…
彼女のばあちゃんが彼女を探し回ってる姿を発見
こりゃ、また黙って出て来たなと感じ…
ちょうど仕事が終わって帰ってきた旦那さんに、こっそり我が家にいる事を伝えて欲しいと頼み…
旦那さん、走って探し回ってるばあちゃんを捕まえ事情を説明~

どうやらばあちゃんが夕飯の支度してる間に彼女、荷物まとめて出ていっちゃって…
居ないのに気づいたばあちゃん、焦って近所を探し回ってたらしい
ばあちゃんが自宅に戻った頃に私が出向いて…
「とりあえず、ウチで見てますから心配しないで下さい」
とだけ伝えました

夕飯の支度して食卓に並べてると…
彼女、
「手伝いますっ」
とササッとお手伝い
あうう~ 女の子いると気が利いて助かるぅ~
食事中もよく笑い、よく話し…
我が家の坊主どもとなんら変わらない、普通の女の子。
でも…ボソッと
「自分ちはつまんない。誰も笑わないし、話さないし」

…そ、そぉなんか?
ウチじゃ、静かにご飯食べてたら
「な、なんかあったんかっ?」
って心配しちゃうけど

ご飯食べて、お風呂入って…
しばらくして子供部屋を覗いたら…
おおっ ちゃんと宿題してる
ばあちゃんの話じゃ
「全然勉強なんかしない。成績ガタ落ちしてる」
なんて言ってたけど…
ちゃんと勉強してましたよぉ~
ウチの坊主どもより

んで、今朝。
今日はGW中の平日。
次男からもらった粉を早く消化したくて、夜のうちに作った朝ごパン~



クルミパンとレーズンパン

準備してたら彼女と、いつもは起こさないと起きない三男と四男が起きてきた
w( ̄△ ̄;)wおおっ!
やっぱ、女の子いると違う~
毎朝起こすのにエライ大変な坊主どもなのに
すんなりみんな起きてきた~
な、なんてラクな朝なんだっ

んでもって、子供3人で朝ご飯~



なぜか、彼女と四男…
同じタイミングでヨーグルトの入ったカップをスプーンでカチャカチャやってる音が妙に面白くて

んでもって無事、学校に送り出し…
一安心。

…ん?
彼女、いつまで我が家に泊まるんだろ?

まぁ、彼女が気の済むまで我が家に居てもいいかな
…親御さんが気が気じゃないよね…

では また!!





Copyright © 4人子持ちのかあちゃん日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。